スポンサードリンク



ソフトバンクモバイルのわかりにくさ

ソフトバンクモバイルのわかりにくさ


ボーダフォンがソフトバンクモバイルになってからなんかからくり仕掛けというか、わかりにくくなりましたね。
ボーダフォンの時は分りやすかったです。
現在は注意されて現行の表示方法となりましたが、最初は何もかもがわかりにくかったです。
いまは少し改善されていますが。

新スーパーボーナスの割賦払いとすると、携帯端末代がソフトバンクによる割引がなければトータル額がとっても高く感じます。
ただ、これについてはドコモやauでも、毎月の基本料金に端末代をのせているらしいので、実際には同じように分割払いさせられてるかもしれません。
ソフトバンクはそのからくりをブラックボックスでやるのをやめ、一般にわかる形にしただけかも。

最初ホワイトプランに興味を持って、ショップへ行って、いざ購入しようと店員さんに聞いたときにやっとその内容がわかったんですが、正直びっくりしましたね。
なんてわかりづらいんだ...
そして、端末がなんて高いんだ...
って思いました。
このことをよくわからないまま購入してしまう方もいらっしゃったのではないでしょうか?
そして、後でそのことに気づき、解約しようと思っても、割賦の支払いが残高が残っているので、解約するなら残りの分を支払わなくてはなりません。
従って恐らく1〜2年は縛られる事になりますね。
正直私はこのソフトバンクのやり方に、わかりづらいとかの気持ちよりも、ずるいな〜って思いましたね。

こういうユーザーに与える悪印象はソフトバンクという会社の企業イメージにも影響すると思いますので、わかりやすさをもっと徹底して、イメージ回復に努めて欲しいと思います。
だって、他社も実際裏では同じようなことをやってるんだし、ホワイトプランやWホワイトは使いようによってはかなりよいサービスプランだと思いますし。


ソフトバンクモバイルのわかりにくさ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。